シミをもとから

MENU

41歳 20代なかばで目の周りにそばかすのようなシミ

シミを消すというと、レーザーなど美容皮膚科での治療をまず思い浮かべます。

 

一度、シミを消すためにレザー治療を受けたことがあり、その時は気になっていたシミが茶色く浮き上がり剥がれ落ちて消えたので満足でした。

 

しかし1年経つうちにまた再発してしまったので、その後レーザーでシミを消すということに対する印象はあまりよくありません。

 

価格も3万くらいかかったので、それならば美白効果のある高級な化粧品で少しずつでもシミに効果が出るようが良いかなと思いました。

 

私は目の周りと頬に広がる小さなシミでしたが、友人は1つだけの大きなシミを気にしてレーザー治療を受けて綺麗にシミが消えました。

 

レーザーでシミを消す治療はシミの種類によって向き不向きがあるようです。

 

40代になり、シミも増えていますが年齢と共に諦めもあり、シミを消すというよりは増やさないようにする、薄くなるように美白する、ということに重点を置いたケアをしていきたいと思っています。

 

メラニン生成を抑えるという考え

シミを抑えるというと、メラニン生成を抑えるということで化粧品によるケアを想像します。

 

シミを消すというよりは出来てしまったシミを濃くしないようにすること、出来るだけ薄くすること、という印象です。

 

シミを抑えるということは美白化粧品の他に美肌サプリメントや医薬品も思い浮かびます。

 

ビタミンC、ビタミンE、L-システイン、トランサミン酸などサプリメントや医薬品にも含有されている成分です。

 

特に医薬品として、シミを抑える効能が記載されている商品を最近店頭で多く見かけ、ネットでの口コミも良いので気になっています。

 

中には漢方の生薬が配合されているものもあり、ホルモンバランスを整えることでシミやど美肌対策に効果があるとされているものもあるので、試してみたいと思っています。

 

シミを抑えるのは「消す」とは違いますが、抑えることで新しくできるシミを防ぎ、出来てしまったシミを薄くするということで、うまく体質に合えばシミを消すことにも繋がる気がします。

 

 

美白化粧品は、ビタミンC誘導体のものを選びます

美白化粧品というと、ビタミンC誘導体や、プラセンタエキス、アルブチン、などお馴染みの成分を想像します。

 

私はビタミンC誘導体入りの化粧水を10年近く使用しています。

 

その間商品が変えていますがビタミンC誘導体入りのものを基本に選んでいます。

 

シミが気になるにはもちろん、吹き出物もできやすいので、両方に効果があるということで使用しています。

 

シミを消す効果や美白効果は正直あまり感じていないのですが、20代からできてしまったシミが40代になってもそんなに爆発的に増え続けてはいないのでシミを抑える効果はあるのではないかと思っています。

 

最近は新型ビタミンC誘導体(APPS)が気になっています。「水溶性」と「脂溶性」の中間で両方の良いところを兼ね備えている新成分ということです。

 

美白化粧品に配合されていることが多なってきましたが、価格が高いので考え中です。

 

あと40代になり乾燥も気になるようになってきたので保湿効果も高い美白化粧品を探したいです。

 

 

ホワイトロジーエッセンスは、ビタミンC誘導体が入っているけど価格が・・・

サンスターのオンラインショップを拝見しました。

 

リノレックSのいう成分は初めて耳にしました。

 

シミののもとを分解する成分という事でハイドロキノンのような働きがあるのかなと思いました。

 

ハイドロキノンは副作用も問題になったので、リノレックSという成分はとても気になります。

 

また私には欠かせない成分であるビタミンC誘導体も配合されていてとても興味を持ちました。
ただ価格を見て、ちょっと無理とも感じます。

 

ローションのあとに使用する美容液なのでそれほど量は必要ないのかもしれませんが30gではきっと1ヶ月くらいでなくなってしまうのではないでしょうか?

 

美白化粧品は続けてこそ効果のあるものだと思うので、子育て中でこれから子どもにお金がかかってくる時期なので、今は購入は難しいのが残念です。

 

半額くらいだったら考えられる値段ではあるので、後発品が出ることに期待したいです。

 

またビタミンC誘導体は配合量を重視して購入しているので、何%配合か記載されていると判断材料になるので良いと思います。

 

>>シミをもとから消すならホワイトロジー