シミをもとから

MENU

40歳 シミができた時は、メイクで隠せば良い

シミを消すというと、メイクで隠して表面上消す、という方法しか見つかりませんでした。

 

シミというのは薄いものにしろ濃いものにしろ、いったんできてしまったものは完全に綺麗になくすことなどできないと知っていたので、どんなに優秀なスキンケアを使っても消せないだろうと思っていました。

 

実際、シミを消すことができるスキンケアや美容品はなく、良くて濃いシミを薄くできるようなものばかりでした。

 

集中ケアできるものであれば、濃いシミの箇所を薄くできるので良いですし、一時的に使っていたこともあったので、薄くしたい時はそういったスキンケアやコスメの力を借りるのも良いと思いますが、それでシミを消すことはできないと思っています。

 

また、どうしてもなくしたいシミや消したいシミがある時は美容クリニックのレーザー治療などを行うなどの施術をしなければいけないと思います。

 

シミを消すにはセルフケアでは限界があるのではないかとも思います。

美白効果の化粧水よりも日焼け対策

シミを抑えるには美白効果のある化粧水を使っていくようなことも必要ですが、何よりも日焼けをしないようにしなければいけないとも思っています。

 

また、強い紫外線を浴びたら冷やしたりすることによって皮膚の熱を取ってあげることというのも必要だと感じています。

 

紫外線によってできたシミはすぐには表面化せずに長く皮膚の内側に浸透して徐々に皮膚の表に出てくるものでもあるので、日々の紫外線ケアや日焼けケアがとても大事だと思っています。

 

また、シミを抑える効果のある美容成分はスキンケアだけでなく食べ物からも得る必要があると思っています。

 

シミを抑えるのに良いと良く言われているのはビタミンCですが、ビタミンCは化粧水などにも含まれているので、ビタミンCの成分入りスキンケアとビタミンCの含まれる食べ物の両方でシミを抑える効果を得ると良いと思います。

 

シミを抑えるには皮膚の表面からのケア・外側のケアと内側からのケアが必要だとも思っています。

 

シミ予備軍を表面化させない美白化粧品

美白化粧品はシミを完全に消したりなくしたりするために使うものではなく、皮膚の内側に潜んでいるシミ予備軍を表面化させないために必要な化粧品なのだと思っています。

 

シミは肌の内側に潜んでいる期間が長いので、その間に何か対処することによって表面に出てくるシミというのも少なくなるのではないかと思っています。

 

表面に出てしまったシミは完全に消すことなどできないので、いかに表面化させないかが大事だと思っています。

 

ですが、表面化しているようなシミもそのまま無関心になってしまえば濃くなっていく一方なので、美白化粧品で濃くならないように美容成分を補っていく必要もあるでしょう。

 

ですから美白化粧品はまだシミが気にならない程度の人も、シミが顔に出ているような人も使うと良い製品であると言えると思います。

 

ですが、濃いシミがポイント的にあるような時は顔全体に使うよりもポイント的に使えるものを使っていったほうが効果もあるのではないかと思います。

 

ホワイトロジーは高いけどその分の期待値がある

サンスターのエクイタンス「ホワイトロジーエッセンス」を最初に見た時とても値段が高いと思ったが、美白ケアのものはもともと高いものが多いということと、それだけ高品質の美容成分が配合されているということで効果も期待できるのではないかとも思った。

 

シミのケアというのは若い時には関係なく、アラサー、アラフォーになってから必要性を感じるものでもあるので、アンチエイジング用のコスメだと思えば妥当な値段の商品だとも思った。

 

また、シミというのはいったんできてしまったら消すことはできないとも思っているので、シミを抑える目的としては利用できると感じた。

 

聞いたことのない会社のコスメではなく、医薬品や歯磨き粉などでも評価されている会社のコスメなので、歯のホワイトニングの実績からシミを抑える効果も十分期待できると思った。

 

シミを薄くしたいといったことや、シミをこれ以上増やしたくない時のケアにも最適だと思った。

 

>>シミをもとから消すならホワイトロジー